Top >  クレジットカード情報 >  販売店の価格設定

スポンサードリンク

販売店の価格設定

前回、クレジットカード会社は販売店に対し、購入者に決済手数料を負担させるということを禁止していると紹介しました。
禁止しているということはそれが発覚してしまうとペナルティとして決済業務などができなくなるようです。
ですが、怪しげなお店でクレジットカードを使うとしっかり決済手数料をとられます。
普通、決済手数料は10%程度ですが、こういったお店では30%上乗せされた金額の決済手数料をとられることもあるそうです。
は決済手数料とういう名のぼったくりではないでしょうか。
さて、あなたが販売店だったとしましょう。
購入者の決済手数料はあなたが負担しないといけませんよね。
そういった場合の価格設定はどうしますか?
商品を買いに来たお客さん=購入者が全員クレジットカードを使うということはありませんよね?
現金の人もいればクレジットカードを使用する人もいると思います。
現金の人とクレジットカードを使用する人それぞれで料金を変えるわけにはいきませんよね。
そのために、全員がクレジットカードを使ったと想定した金額を設定するということになりますよね。

スポンサードリンク

 <  前の記事 カード決済手数料はなぜ販売店が負担するのか?  |  トップページ  |  次の記事 クレジットカードと決済手数料  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bluefox.80code.com/mt/mt-tb.cgi/5660

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「クレジットカードをつくる前に知っておきたいこと・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。